読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいところを教えたい!~Sün 9~

KANAN作家のいいところ

こんにちは!

KANAN hairでハンドメイド雑貨を販売している作家さんの

どーーしても教えたいいいところをご紹介していくコーナーを始めました。

 

今回ご紹介したいのは、

アクセサリー作家のSün 9

実は高校生の女の子。

 

とても丁寧で、気遣いの素晴らしい女の子です。

納品に来た日には「先ほどはありがとうございました」と連絡をくれて、

新しい作品が増えていることに感想をくれたり、

Sün 9のファンにお手紙でお礼を伝えたりと

挙げればきりがないのですが。

 

今回、私、ハンドメイド雑貨担当がお伝えしたいのは まさに

丁寧な仕事。

 

2月に納品の新作のうちの一つをご紹介します。

星のヘアピン、こちらは350円。

f:id:kanan_r:20170211142956j:plain

アップで大画面で見てもらっても…というよりは

大画面で見ていただきたい!

 

色合いもきれいです。ラッピングも世界観にあったかわいいものを選んでいます。

 

それだけではなく、

ココを知ってほしい!ハンドメイド作品を購入するときのポイント!

 

外枠にレジンがはみ出ていないこと!

カラーが混ざり合っていないこと!

ストーンがレジンに埋まっていないこと!

f:id:kanan_r:20170211143245j:plain

実はこれ、

レジンをやったことがある方であればわかる丁寧な仕事ぶりなんです。

レジンとは透明で粘度のある液体。UVライトにあてて硬化させるものですが、

枠の中に収めるのは作りやすいけれどもはみ出しやすい。

特にヘアピンのような小さなものに入れるときには、はみ出たところを

綿棒なのでふき取ります。

 

ふき取ったときにはきれいに見えるものの、

効果をさせると綿棒の繊維が付着して固まっていたり、

拭いた後のうすーいレジンが膜のように固まって硬化して初めて見えてきます。

 

また、色を付けるときには粉末、もしくは液体のカラーを透明レジンに混ぜますが

ダマができたり、隣り合った色と混じってしまったり。

同じ断層で色を分けるのは高度な技なんです。

 

そして、ストーンなどデコをするときのあるあるが、

埋めてしまうこと。

埋めてしまうと硬化することで相当がっちりとつけることができる反面、

レジンがかかったストーンは色がくすんでしまいます。

 

こんな小さなヘアピンに、

Sün 9の丁寧な仕事がびっしり詰まっている。

ぜひそこにも注目してKANAN hairでお手に取ってご覧ください。

 

 

・・・そして・・・もう一つ私がSün 9を大好きだ!という理由。

一つ一つ丁寧にラッピングされた作品を裏返すと

f:id:kanan_r:20170211122005j:plain

手に取ってみてくださった方へのお礼。

 

こういうところが大好き!です。

他にもSün 9の作品をFacebookでご紹介しております。ぜひご覧ください!

www.facebook.com

 

 

青森西バイパス KANAN hairの中にある、ハンドメイド雑貨。

kanan-hair.jimdo.com

青森市西バイパスにあるKANAN hair
美容室の中のハンドメイド雑貨
http://kanan-hair.jimdo.com/